英語が兎に角苦手だという君へ〜プロの家庭教師がアドバイス〜

スポンサードリンク

英語が兎に角苦手だという君へ〜プロの家庭教師がアドバイス〜

英語 苦手 受験生 高校生 中学生

 

 

 なんで日本人なのに英語を習わないといけないんだぁ!!

 

 

 そんな風に思ったことのある人の為に、普段プロの家庭教師として活動している立場からアドバイスをさせていただければと思います。

 

 

 

 

 

 

 

英語から逃れることは人生から逃れることだ

 

 少し厳しく、残酷なことを言えば、これから先、「英語の出来る人間と出来ない人間」の間にかなりの格差が出てきます。

 

 というよりも、既に出てきています。

 

 少しショッキングな記事を引用してみたいと思います。

 

 

 

パナソニックの場合、10年度新卒採用1250人のうち海外で外国人を採用する「グローバル採用枠」は750人だった。11年度は外国人の割合を増やし、新卒採用1390人のうち、「グローバル採用枠」を1100人にする。残る290人についても、日本人だけを採るわけではないという。大坪文雄社長は『文藝春秋』10年7月号のなかでこうした方針を示し、「日本国内の新卒採用は290人に厳選し、なおかつ国籍を問わず海外から留学している人たちを積極的に採用します」と述べている。

 

 パナソニックと言えば、松下政経塾でもおなじみの日本を代表する企業家松下幸之助が創設した、日本が世界に誇る大企業です。

 

 世界のグローバル化が進む中、大企業は世界で活躍できる人材の確保に力を入れています。

 

 優秀であれば、国籍は日本でなくても言い訳です。

 

 また、実際に会社に入った後でも、コミュニケーションツールとしての英語はやはり必須です。

 

 これからの時代、欧米は勿論、中国や韓国との取引もよりさかんになるでしょう。

 

 中国人や韓国人も、英語が出来る人材の育成に力を入れています。

 

 これからの時代を生き抜く為には、英語の力は必須です。

 

 会社に入ってからやればいいじゃん!! なんて甘えた考えは一切通用しません。

 

 日本企業の売上は年々落ちており、人材を育成する余力がありません。

 

 或る程度完成された人材でなければ、今は企業から相手にされない時代です。

 

 英語の素養がない人間を、企業が採用するメリットは何でしょう?

 

 答えは簡単で、「何もない」ですね。

 

 今あなたが英語から逃げ出すことは、この先の人生を投げ出すことでもあります。

 

 

目次に戻る

英語はやはり、世界言語だ

 

 よく、英会話センターなどが、「英語が話せると10億人と話せる」というようなキャッチコピーを使いますが、実際にはもっと多いです。

 

 例えば、医学の世界では一昔前は「ドイツ語」でカルテを書いていましたが、今は英語です。

 

 入学要件にTOIECの点数をかかげる法科大学院もあります(合格率が高いロースクールでは軒並み必要)。

 

 ビジネスシーンでも、英語が主流であることは避けようのない事実です。

 

 youtubeやブログ、ツイッターやゲイスブック、世界はますます狭くなっていますね。

 

 これから先の厳しい現実を生き抜くためには、英語というツールを使いこなすことが必須になってきています。

 

 逃げずに立ち向かう以外、実質的な選択肢はないと言えるのではないでしょうか?

 

目次にもどる

なぜ日本人は英語が苦手なのか?

 

 そんなこと言ったって、英語なんてどうやっていいかわからないよぉ!!という人もたくさんいると思います。

 

 実際問題、私も英語が苦手です。文系ですが、物理や数学よりも英語の方が苦手なくらいです。

 

 日本人は世界で一番英語に時間とお金を使うのに、世界で一番英語が苦手な国民だとよく言われます。

 

 そもそもどうして日本人は英語が嫌いなのでしょう?

 

 

文字の根本が違う

 

 

文法の根本が違う

 

 

 

文字の根本が違う

 

 一義的に言うと、勿論文字そのものが違います。

 

 我々が使っている漢字・ひらがな・かたかなとアルファベットは文字の形が違いますよね。

 

 でも、それ以上にそもそも文字の根本が違うんです。

 

 どう違うかと言うと、我々の使っている漢字は「表意文字」と言って、文字が意味そのものを表しています。

 

 さんずいが使ってあれば「水」のことだと分かりますし、ごんベンなら言葉、きへんなら木に関することだと分かります。

 

 漢字の成り立ちを考えると、象形文字と同じように、その意味を表しているというのはお分かりになっていただけると思います

 

 対してアルファベットは「表音文字」と言って、全く文字が意味を表しません。

 

 接辞・接頭後など(dis in im exなど)は意味を表すこともありますが、基本的にアルファベットが意味を表すことはありません。

 

 大元のフェニキュア文字が作られた時は、地中海における交易の際に使うことが目的であったため、積荷の内容を表していたようですが、いつの頃からか音だけを表すようになりました。

 

 我々日本人は「類推」と言って、意味の分からない単語を、文字の作りから推測して意味を理解しようとします。

 

 しかし、表音文字で書かれた英語ではそれが出来ないので、我々は苦しむことになるんですね。

 

 

 

文法の根本が違う

 

 我々の日本語は、よく「SOV型」の言語と呼ばれます。

 

 対して英語は「SVO型」の言語と呼ばれます。

 

 簡単に言うと、語順が違うんですね

 

 S=主語 V=動詞(述語) O=目的語

 

 私は公園に行きます。

 

 これが日本語ですね。「私」と言うS主語、「行きます」というV動詞(述語)、「公園」というO目的語の順番になります。つまりSOVの順になる訳です。

 

 I go to the park.

 

 対してこれが英語です。「I」というS主語「go(to)」というV動詞「the park」というO目的語の順番になります。つまりSVOの順になる訳です。

 

 さらには、「to」のような前置詞、「the」のような冠詞と、日本語には存在しない品詞まで存在します(助詞や助動詞は英語にない)。

 

 もっと追い打ちをかけると、「述語」の概念が全くちがいます。

 

 空は青い。

 

 日本語では「空」が主語で、「青い」が述語です。

 

 Sky is blue.

 

 英語だと「Sky」が主語ですが、「is」述語、「blue」は補語になります。

 

 これ以上解説するとますます英語が嫌いになるのでやめておきますが、文法の根本が大きく違うのがお分かりいただけると思います。

 

 

目次にもどる

具体的な英語の勉強方法

 

 さまざまな英語の勉強法が提唱されていますが、英語の勉強法なんてひどくシンプルだと個人的には思っています。

 

 書いて覚えて読んで話す

 

 これ以上の勉強法は多分ないのでは? と思います。

 

 

 

なぜ、わけのわからない方法に惑わされてしまうのか?

 

 私も経験があります。

 

 「今までの勉強法は間違っていた。英語が出来ないのはあなたのせいではない。勉強法が悪かったのです」

 

 こんなキャッチコピーにつられて、おかしな方法論に走ってしまう人があとを絶ちません。

 

 なんて偉そうなことを言っていますが、私もそうでした。

 

 「なんとかリーディング」なんて聞くと真っ先に飛びついていましたね。

 

 身になったものは何一つありません。

 

 結局の所、スタンダードに英語の単語を覚え、文法を理解し、沢山読んで沢山話す以外の勉強方法はまやかしだと思っています。何回もしつこいですが。

 

 どうして怪しげな方法に飛びついてしまうかと言うと、自信がないからなんですよね。

 

 自分がやっている勉強方法に確信が持てないと変な方法にはまってしまいます。

 

 しっかりとした勉強方法で勉強しましょう。

 

 

 

しっかりとした勉強方法とは?

 

 高校生や受験生がはまってしまうパターンとして、単語を覚えようとする→覚えられない→文ごと覚えるとかいう話を聞いて読解するも良くわからない→もうどうでもよくなるというのが存在しています。

 

 まぁ、私がそうだったんですが(^^;)

 

 なので、英語が苦手だという人は、

 

 とにかく頑張って単語を覚えましょう!!

 

 世の中には極端な人がいて「単語なんか覚えなくても、私の言う通りにすれば英文は読める」などとおっしゃる御仁がいますが、無視するのが最上作です。

 

 人の不安につけこむ詐欺師はどこにでもいます。

 

 単語を覚えずして英語が得意になることはない

 

 私は10年以上様々な生徒に英語を教えていますが、その考えが揺らいだことは一度もなく、年を経るにつれてその確信の度合いは高まっています。

 

 でも、英語の単語が覚えられないんだ!! という人もいるでしょう。

 

 私の生徒も初めはそんな甘えたことをいいます。

 

 でも、そういうことをおほざきになる生徒は、たいてい覚えようと言う努力を怠っています。

 

 一度観れば英単語を覚えられるとでも思っているのでしょうか?

 

 じゃあ、100回書けば覚えられるのかというと、実はそれも少し違うんです。

 

 同じ100回書くことを実行するにしても、

 

 @ 1回で100回書く

 

 A 10回で10回書く

 

 だったら、Aの方が効果は高いです。

 

 人間の脳というのは、反復をすることで記憶を定着させるという機能を持っています。

 

 よくこのサイトでも出す忘却曲線があります。

 

 

英語 苦手 受験生 高校生 中学生

 

 忘れては覚える、忘れては覚えるということをしているうちに、人間の脳は記憶を定着させていきます。

 

 熱しては冷やし、熱しては冷やすを繰り返して鋼鉄を作るようなイメージです。

 

 英語が苦手な大抵の生徒は、この作業を怠っていることが多いです。

 

 忘れてもいいんだ!!という意識を持つことが、英単語を覚える為に最も必要な考え方です。

 

 その際、音読しながら書くのがよいですね。

 

 英語は、できるだけ5感を使って勉強するのがよいです。

 

 単語集は、正直どれでもいいですね。

 

 ただ、ある程度の力がないと、「速読英単語」は難しいと思うので、ターゲット1400
あたりをマスターしてから、ターゲット1900に移行するのがよいと思われます。

 

 或る程度単語力がついたら、文法を学びましょう。

 

 

この際、あれもこれも手を出しすぎないように気を付けましょう!

 

 よくあることなのですが、あれこれと手を出し過ぎると、かえってよくわからなくなります。

 

 私自身、かつては参考書マニアと言えるほど参考書を沢山もっていました。

 

 でも、本当は一冊でよかったなと思っています。

 

 この一冊は、なんでもよいと思います。

 

 フォレスト
あたりでよいでしょうし、それでも難しいと考える場合は、大岩先生の一番はじめの英文法あたりでよいでしょう。

 

 何冊も買うより、一冊を何回も読むことを重視しましょう。

 

 その際、理解を定着させるために、文法の問題をしっかり解くことが重要ですね。

 

 フォレストの問題集レベル別問題集がお勧めです。

 

 特に、レベル別問題集はお勧め度が高く、長文編もあるので、そちらも合わせてやればかなりの力が付きます。

 

 その際、解いた長文や文法の問題を音読することで、更に効果が高くなるので、何度も音読しましょう!!

 

 

目次にもどる

英語の苦手を克服する為の教育機関

 

 或る程度力がついて来たら、予備校に通ったり、通信教育を受けてみるのもよいでしょう。

 

 お勧めは受験サプリです。

 

 受験サプリについて詳しくまとめたページがあるので、そちらをご参照ください。

 

 また、現在ではインターネットを使ったオンライン英会話スクールもあるので、そちらもお勧めです。

 

 個人的には、「EIGODOU」というサービスが初心者に優しくよいかなと思います。

 

 最初に申し上げた通り、これから先、今以上に英語が必要な時代になります。

 

 そんな時、今学んだ英語は、きっとあなたを助けてくれる存在になってくれるでしょう。 

 

目次にもどる


このエントリーをはてなブックマークに追加  

スポンサードリンク

関連ページ

数学を見ると吐き気がする…
大切なお子さんの成績が下がってしまった、成績がなかなか上がらないそんな悩みをお持ちの保護者様へ現役のプロ家庭教師がアドバイスさせていたきたいと思います。
100点取れない子の保護者様へ
勉強しているはずなのに、全く成績が上がらない。そんなお悩みを抱えてらっしゃる保護者の方はこちらの記事をお読みください。
難関こそしっかりとした教育機関を
私立中高一貫に合格したけれど、思うように成績が伸びないという保護者様へ
150〜250点
勉強はしているけれど五教科の合計点が151点から250点の子に足りないこととは?
平均点を取りたい!!五教科で300点越えを目指す!!
平均点まであと少し、5教科の総合が251〜300点の子の勉強法とは?
301〜350点
平均点を超えたり越えなかったりするお子様を持つ保護者様はこちら!!
突破!!五教科400点!
五教科で400点の壁を超えたい!! そう思ったら読むページ!!
小学校低学年の勉強法
小学校低学年の教育に必要なこととは?
市進に合う生徒早稲アカに合う生徒
大手進学塾早稲田アカデミーと市進の比較
430点の壁を超えたい
点数が五教科400〜430点までの間で成績が下がったり伸び悩んでいる子の為のページ
指定校推薦の勧め!! 
指定校推薦を狙う戦略とは?
五教科450点を越える!!
どうやったら五教科で450点をこえることが出来るのか? プロの家庭教師がアドバイスします。
必見!!小学5年生からの勉強習慣 手遅れになる前に
大切なお子さんの成績が下がってしまった、成績がなかなか上がらないそんな悩みをお持ちの保護者様へ現役のプロ家庭教師がアドバイスさせていたきたいと思います。
450点はゴールではない!!ただの通過点だ!!
全ての教科が90点以上。それは大変優秀な成績であると言えるでしょう。でも、そこは通過点に過ぎないのですよ?
 
トップページ 家庭教師の通信簿 お勧めの通信教育 簡単なプロフィール お問い合わせ 管理人の新サイト