五教科450点越え!!

スポンサードリンク

450点を越える!!

450点を越える プロ家庭教師 Z会

 

 

 

 

*2018年6月よりyoutubeで授業配信を始めました。

 

偏差値65以上の生徒向け授業も配信しており、随時新授業を投稿しておりますのでよろしければチャンネル登録をしてみてください。

 

*登録はもちろん全動画無料です。

 

船橋の家庭教師chに登録する

 

 普段の定期テストの点数が430点から450点という場合、かなりの学力の持ち主であると言えるでしょう。

 

 学校の規模にもよりますが、学年でトップ15位前後、偏差値は63〜68ほどになると思われます。

 

 

 偏差値63〜68の生徒の平均進学先

 

 

 市立千葉高校(偏差値67:高校偏差値net調べ)を例にとって見てみましょう。

 

 

 市立千葉高校2014年現役進学先(週刊朝日調べ)

 

 5人以上合格記載(旧帝一工早慶除く)

 

  一学年316人

 

 

旧帝一工 3人
早稲田大学 7人
慶応大学 3人
上智大学 8人
千葉大学 12人
明治大学 15人
立教大学 11人
青山学院大学 5人
中央大学 6人
法政大学 5人
日本大学 23人
東洋大学 10人

 

 

 早慶や旧帝一工に受かる生徒もいますが、基本的にマーチや千葉大学に現役で進学できる生徒は少数で、日本大学や東洋大学に進学できる生徒も真ん中より上位と言えそうです。

 

 

 

 

 

 少し偏差値があがる千葉東高校(偏差値70:高校偏差値net調べ)をみてみましょう。

 

 桐谷美鈴さんや小島瑠璃子さんの出身校として有名ですね。

 

 

 千葉東高校2014年度現役進学先(週刊朝日調べ)

 

 5人以上合格記載(旧帝一工早慶上智マーチ除く)

 

 一学年312人

 

 

 

旧帝一工 12人
早稲田大学 18人
慶応義塾大学 11人
上智大学 3人
千葉大学 24人
主要国立(筑波横国外語首都) 13人
明治大学 8人
立教大学 17人
青山学院大学 6人
中央大学 2人
法政大学 8人
東京理科大学 12人
日本大学 7人

 

 

 かなりの数の生徒が、千葉大やマーチは勿論、早慶や旧帝一工に合格しています。

 

 

 

 

 学校にもよりますが、市立千葉は420〜440点の生徒が、千葉東は450点〜の生徒が進学することが多いと思います。

 

 旧帝一工早慶は勿論、マーチや千葉大といった難関大学に受かる為には、中学校の段階で450点以上を平均してとらなければ厳しいと言えるでしょう。

 

 

 

 

450点以上を取る為には?

 

 

 450点の壁はとても厚いです。

 

 一教科90点以上を取らねばならず、極端な苦手教科が存在しては越えられない数字です。

 

 一体どのようにすれば450点を越えることが出来るのでしょう?

 

 

 

 

 

反復練習の量を増やす

 

 

間違えた問題について徹底してなぜ間違えたのか考える

 

 

読書量を増やす

 

 

 

 

 

 

反復練習の量を増やす

 

 

 ただ単に練習量を増やしても成績は上がりません

 

 一日に使える時間は全員同じ24時間です。

 

 なので、同じ問題を厳選して何度も解くことが重要です。

 

 

厳選された問題とは?

 

 間違えてしまった問題です。

 

 成績の伸びる伸びないは、いかに間違えた問題を反復練習して解けるかにかかっています。

 

 

 

 

間違えた問題について徹底してなぜ間違えたのか考える

 

 

 イチロー選手の言葉に、

 

 「素人は成功を忘れない、プロは失敗を忘れない」

 

 という言葉があります。

 

 失敗を繰り返さないようにするのがプロな訳です。

 

 失敗を克服することで、人は成長していきます。

 

 五教科が450点に達していない場合、

 

 「何故この問題を間違えたのか?」

 

 という考察が不足しているものと思われます。

 

 この思考は非常に重要で、間違えには原因があります。

 

 勘違いしていただけかも知れません。

 

 テスト前の時間調整がうまくいかず、範囲が終わらなかったのかも知れません。

 

 反復練習が足りなかったのかも知れません。

 

 

 人間は一度犯した過ちを再び犯します。

 

 

 間違えた問題への分析は、すなわち自分自身の弱点の分析でもあります。

 

 己の弱点を克服すれば、自ずと点数は上がります。

 

 450点を越えると途端に難関大学に受かる人間が増えるのは、この思考が出来ている為です。

 

 目先のテストだけではなく、先々に伸び悩まない為にも、失敗の分析をする癖をつけましょう。

 

 

 

 

読書量を増やす

 

 

 成績が伸び悩んでいる場合、読書量が少ないことが原因である場合があります。

 

 

 こちらはかつて担当させていただいた生徒さんの一年生の時の実力テストの結果です。

 

 

 普段の定期テストは420点前後と言った所でした。

 

 

 家庭教師成績上がる

 

 *ご家庭と本人の了承を得て掲載しています。無断転載などは禁止です。

 

 

 こちらは二年生の最後に受けた実力テストです。

 

 

 家庭教師成績上がった

 

 実力テストは450点を超え、普段の定期テストでは470点を安定して超えるようになりました。

 

 

 

 指導の際、私が最も力を入れた点は「読書」です。

 

 毎週一冊の本を読み、必ず読書感想文を書いてもらいました。

 

 勿論それだけで点数が上がった訳ではないですが、それがなければここまでの点数アップはなかったと思います。

 

 

 

 なぜ読書は大切なのか?

 

 

 読書さえすれば点数が上がる訳ではありません。

 

 ですが、読書は点数アップには欠かせないファクターだと私は思っています。

 

 読書は、

 

 抽象的思考を育てます。

 

 転じて思考能力そのものを上げてくれるほとんど唯一の手段と言ってよいでしょう。

 

 古代ギリシャのように哲人がどこにでもいて議論を交わすような環境ならともかく、現代社会は兎角に考えなくてもよい時代になりました。

 

 分からないことは「google」や「wikipedia」が教えてくれます。

 

 だからこそ、今我々人類には暗記がそれほど必要なくなってきているのです。

 

 では何が必要か?

 

 それは思考であり創造性であり想像力です。

 

 文字のみで表現される「本」を読むことは、それらの能力を飛躍的に高めてくれます。

 

 現在のテストの問題は、昔と違い暗記しただけでは解けません。

 

 知識をいかに使うか、ということが問われています。

 

 知識を得れば、430点以上の点数には達します。

 

 しかし、それを有用に使えなければ、450点の壁を越えるのは厳しいでしょう。

 

 

 

 通信教育か塾か家庭教師か?

 

 

 個人的には「通信教育」をお勧めします。

 

 私は普段プロの家庭教師として活動していますが、この点数帯の子供になら、自力でブレイクスルーする力があると思っています。

 

 「誰かに点数を上げてもらおう」ではなく、

 

 「如何に今の状態から点数を上げるか」

 

 それを考えることも一つの勉強であり、その結果得られたものは一生ものです。

 

 完全なる独学では厳しいと思いますが、基本的には自主的に勉強して欲しいですし、出来ると思います。

 

 

 

Z会か進研ゼミか?

 

 

 難しい所ですが、個人的にはZ会を推したいと思います。

 

 Z会は難関向け教材であり、450点を越えなければ基本的に難しい教材です。

 

 ですが、この点数帯の子に必要な、「考える力」を育てるにはうってつけと言えるでしょう。

 

 頑張って食らいつけば必ず結果はでます。

 

 

 

 

 

「中学からの正しい学習法冊子」プレゼント!/Z会

 

 

 

 

 勿論、進研ゼミも優れた教材ですし、実際に進研ゼミだけで480点以上をキープしている子もいます。

 

 450点を越える プロ家庭教師 Z会

 

 

 要は、上記した通り、どれほど自分自身と向き合えるかの勝負になってきます。

 

 思うように結果が出ない期間が長いかも知れませんが、必ず点数が上がり始める時が来ます。

 

 重要なのは、「やり続けること」です。

 

 頑張って下さい。応援しています!!

 

 

 

【進研ゼミ中学講座】では、レベル別・志望校別・都道府県別コース制教材で、授業対策から志望校合格までをバッチリサポート!

 

 

 

 

 

 

 

 


このエントリーをはてなブックマークに追加  

オンライン授業始めました!

スポンサードリンク

関連ページ

数学を見ると吐き気がする…
大切なお子さんの成績が下がってしまった、成績がなかなか上がらないそんな悩みをお持ちの保護者様へ現役のプロ家庭教師がアドバイスさせていたきたいと思います。
100点取れない子の保護者様へ
勉強しているはずなのに、全く成績が上がらない。そんなお悩みを抱えてらっしゃる保護者の方はこちらの記事をお読みください。
難関こそしっかりとした教育機関を
私立中高一貫に合格したけれど、思うように成績が伸びないという保護者様へ
150〜250点
勉強はしているけれど五教科の合計点が151点から250点の子に足りないこととは?
平均点を取りたい!!五教科で300点越えを目指す!!
平均点まであと少し、5教科の総合が251〜300点の子の勉強法とは?
301〜350点
平均点を超えたり越えなかったりするお子様を持つ保護者様はこちら!!
突破!!五教科400点!
五教科で400点の壁を超えたい!! そう思ったら読むページ!!
小学校低学年の勉強法
小学校低学年の教育に必要なこととは?
市進に合う生徒早稲アカに合う生徒
大手進学塾早稲田アカデミーと市進の比較
430点の壁を超えたい
点数が五教科400〜430点までの間で成績が下がったり伸び悩んでいる子の為のページ
指定校推薦の勧め!! 
指定校推薦を狙う戦略とは?
必見!!小学5年生からの勉強習慣 手遅れになる前に
大切なお子さんの成績が下がってしまった、成績がなかなか上がらないそんな悩みをお持ちの保護者様へ現役のプロ家庭教師がアドバイスさせていたきたいと思います。
450点はゴールではない!!ただの通過点だ!!
全ての教科が90点以上。それは大変優秀な成績であると言えるでしょう。でも、そこは通過点に過ぎないのですよ?
英語が兎に角苦手だという君へ〜プロの家庭教師がアドバイス〜
英語が兎に角苦手でどうにかしたい!!そんな人は必見!!数々の英語嫌いの人間を克服してきたプロの家庭教師が、英語能力改善法を記事にしました!!
 
トップページ 家庭教師の通信簿 お勧めの通信教育 簡単なプロフィール お問い合わせ 管理人の新サイト