必見!! 子供が勉強しないとお嘆きのお母さんへ

スポンサードリンク

子供が勉強しないとお悩みの保護者様へ

勉強しない

 

 

 かなり危機的な状況であると思います。

 

 勉強というのは習慣の問題です。

 

 子供が勉強しないというのは、勉強しない習慣が身についているとも言えます。

 

 勉強しない習慣がみにつけば、またその期間が長ければ長いほどそれを挽回するのが難しくなります。

 

 受験の時に慌てて勉強しようと思っても、数年分の遅れを取り戻すのは容易ではありませんし、今までやってこなかったことを突然やろうと思っても、人間なかなかできないものです。

 

 なかなか厳しい状況ですが、成績が上がらない最大の原因はここにあると思いますし、実際ここで悩む保護者の方が多いと思います。

 

 厳しく言っても聞かないし、子供には全く危機感がない。

 

 いつか勉強し始める日がくるのかなぁと御思いの保護者様。

 

 厳しいようですが、今まで勉強をしてこなかった子が、ある日突然勉強するということはほぼありえません。

 

 さらには、年度が進むにつれて勉強内容は難しくなります。

 

 今のままの状態でいたら、テストの点数は下がり続けることでしょう。

 

 なので、先に結論を申し上げます。

 

 

 

家庭教師を頼みましょう

 

 

 

 勉強をせずに成績を上げる方法はありません。

 

 巷にあふれているような「勉強をしないで楽に点数を上げる○○」なんていうのは確実に詐欺です。

 

 人の弱みに付け込む人間はどこにでもいます。注意しましょう。

 

 もう一度言います。お子さんが自分で勉強をしなければ成績は上がりません。

 

 少なくとも私は、勉強せずに成績を上げた人間を知りません。

 

 

 

どうやって子供に勉強させればいいの?

 

 

 私が普段家庭教師をやっていて、一番受ける質問はこれです。

 

 

 


 何度言い聞かせても子供が勉強するようになならないんです。一体どうすればいいでしょう?

 

 

 

 特に初回授業の時はかなりの割合でこの質問を受けます。

 

 その場合私は、「私の指定する時間にこれこれを渡してください。渡すだけでいいです」

 

 とアドバイスさせていただきます。

 

 すると大抵

 

 

 

 


 今までどれだけ言っても勉強しなかったあの子が、先生の言うことだけは聞いてしっかり勉強をやるようになりました!!

 

 

 となります。

 

 

 これだけ書くと雑誌の裏に載っているようなインチキ広告みたいですね(^^;)

 

 でも、適切な対処をすれば、ほとんどのお子様は勉強するようになります。

 

 そして、それにはキチンとした理由があります。

 

 

 

何故子供が勉強しないのか?

 

 

 この理由を考えたことはあるでしょうか?

 

 もしも頭にごなしに「勉強しなさい」と繰り返したとしても、お子様は勉強するようにはなりません。

 

 なぜなら、この言葉こそが子どもが勉強しない原因の一つだからです。

 

 

 

子供は評価されたがっている

 

 これは子供に限った話ではないと思います。

 

 ためしに、上の「子供」の部分を「部下」「上司」「夫」「妻」に変換してみましょう。

 

 納得する部分があると思います。

 

 人間というのは社会的な生物なので、「社会的欲求」が非常に高いという風に言われています。

 

 「マズローの欲求ピラミッド」をご存じでしょうか?

 

 

 

 子供が勉強しない

 

 

 

 人の欲求は段階を経て上がって行くという説です。

 

 現代の日本においては、レベル1と2はかなり割合で満たされていると思います。

 

 でも、それ以上の欲求はどうでしょう?

 

 「勉強しなさい。」この一言は子供の欲求を妨げる行為だと思ってください。

 

 

 子供は、ほんの少しのことでも親に認めて欲しいと思っています。

 

 親だけではなく、友人や教師、そういった人間達に認められたいのが普通です。そうでなかったら異常です。

 

 でも、成績が悪ければどうでしょう?

 

 教師や友人は認めてくれるでしょうか?

 

 そして家族は認めてくれるでしょうか?

 

 人は自らの欲求が達成されない時、「闘争」か「逃走」を選ぶと言われています。

 

 認められたいという欲求、それが満たされず「逃走」を選んだ結果こそが、成績低下の原因なのです。

 

 

 じゃあどうすればいいのか?

 

 

勉強しない子に家庭教師をつけるメリットと適切な家庭教師の選び方

 

 

 まずは家庭教師をつけるメリットとデメリットから

 

 

 

 

 

家庭教師をつけるメリット

 

 

 

子供を認めてくれる存在ができる

 

 

 

 

適切な勉強内容を教えてくれる

 

 

 

 

適切な勉強方法を教えてくれる

 

 

 

 

 

子供を認めてくれる存在ができる

 

 生徒のことを認めてくれる存在、それこそが今お子さんに必要な存在だと思います。

 

 私は生徒を担当させていただくとき、必ずその子のことを認めてあげます。

 

 一問できる度に大げさなほど褒めます。

 

 褒められると子供は、次も褒められると思って勉強します。

 

 適切な褒め方を知っている存在。それはお子さんの成長に大いに影響します。

 

 お子さんに家庭教師をつける最大のメリット。それはお子さんを適切に認めてくれる存在ができることだと思っています。

 

 

 

 

適切な勉強内容を教えてくれる

 

 本来はこちらが一番だろうと思います。

 

 どれくらいの勉強量が適切か?

 

 何を勉強すればいいのか?

 

 それを知っているのもやはり家庭教師です。

 

 すべきことの明確化

 

 これはなかなか難しいことだと思います。

 

 個人的には、生徒を適切に認め、すべきことを明確にすれば生徒は勝手に勉強すると思っています。

 

 保護者様がそれを判断するのは難しいと思います。

 

 でも、適切に選んだ家庭教師なら、それが出来るはずです。

 

 そして、そのことによるメリットは計り知れません。

 

 手前味噌ですが、私がご担当させていただいた生徒さんの中には、五教科160点ぐらいの成績から350点程の点数をとれるようになった子もいます。

 

 それは常にすべきことを明確にしてきたからです。

 

 先の話のように「勉強しなさい」というのは、子供にとっては抽象的なんですね。

 

 何をやればいいのか? 子供がそれを知ることは大きなメリットです。

 

 

 

 

適切な勉強方法を教えてくれる

 

 

 やはり、適切な勉強方法というものはあります。

 

 家庭教師をするような人間ならば、殊勉強面においては一定の成果を出している人間達です。

 

 その為のノウハウを効率的に教えてもらえるのは、やはり大きなメリットと言えるでしょう。

 

 

 

 

 

家庭教師をつけるデメリット

 

 

 

 

値段が高い

 

 

 

 

外れを引く可能性がある

 

 

 

 

 

 

値段が高い

 

 

 これが最大のデメリットですね。

 

 私は集団塾でも教えた経験があるのでよくわかるのですが、成果を求めるなら絶対に家庭教師の方が高い効果を期待できます。

 

 

 

 

外れを引く可能性がある

 

 

 個人的には、値段が高いことの数倍のデメリットだと思います。

 

 外れ教師は確実に存在します。

 

 悲しいことではありますが、プロとは名ばかりで、最低限のスキルすらも持ち合わせていない家庭教師もいれば、平気で指導をすっとばす大学生も存在しているのは確かです。

 

 

 

 

 

外れ家庭教師を引かない為には?

 

 

 折角来てもらった家庭教師が最悪な教師だったらどうしよう?

 

 そうお考えの保護者様は多いと思います。

 

 当りを引く確率と外れを引く確率、実際は半々だと思います。

 

 えぇ!!じゃあ結局運なの?

 

 という声が聞こえてきそうですが、最終的には運です。

 

 でも、当りを引く確率を飛躍的に高める方法はあります。

 

 

 

 

 

複数家庭教師センターの無料体験授業を受ける

 

 

 

 これからすごく重要なことを言います。

 

 それは、家庭教師を選ぶ際には

 

 

 どんなセンターか?で選ぶのではなくどんな家庭教師が来るのか?で選ぶ

 

 ということです。

 

 適切な家庭教師の存在はお子様のやる気と成績を跳ね上げますが、外れ教師の存在はお子様のやる気を確実にそぎ落とします。

 

 

 そして外れ教師を引かない為には、必ず複数の家庭教師センターの無料体験授業を受けることをおすすめします。

 

 

 

 

複数の家庭教師センターの体験を受けるメリット

 

 

 

 

 

無料で受けられる

 

 

 

 

外れ教師を引く確率を飛躍的に下げる

 

 

 

 

当り教師を引く確率を飛躍的に上げる

 

 

 

しつこい勧誘(あれば)をいとも簡単に避けることが出来る

 

 

 

 

 

無料で受けられる

 

 

 センターで選ぶべきではないと申し上げましたが、無料体験授業を行っていないセンターとは契約しない方が無難です。

 

 ちゃんとしたセンターなら、きちんと無料体験授業に対応しています。

 

 実際にどんな教師が来るのか分からない。

 

 そんな状態での契約は危険です。

 

 必ず大切なお子さんにあった家庭教師を付ける為に、実際に担当する家庭教師の行う無料体験授業をうけましょう。

 

 無料なので気兼ねなく受けられます。

 

 せっかく来てもらったのに契約するのは悪い、などと考える必要はありません。

 

 理由は後述します。

 

 

 

 

 

外れ教師を引く確率を飛躍的に下げる

 

 

 或る意味では一番のメリットです。

 

 どんな家庭教師があたりでどんな家庭教師が外れなのかは後に詳しく記載していきます。

 

 私がこのサイトを立ち上げた目的の一つに、外れ教師を皆様には引いて欲しくないと思ったからです。

 

 一部のロクでもない教師のせいで業界全体の評価を下げるのは、私にとってもデメリットが多いと感じていますし、何より子供達がかわいそうだと思っています。

 

 実際にご自分とお子さんの目線で教師を選ぶ為にも、やはり無料体験授業を受ける必要があります。

 

 

 

 

当り教師を引く確率を飛躍的に上げる

 

 

 これはポイント2とは似ているようで全然違います。

 

 実際に無料体験授業を受ける場合は、

 

 @ご家庭からの資料請求⇒Aセンターからの電話⇒B実際の無料体験授業⇒C後日再びセンターから電話⇒Dご契約

 

 

 センターによっても違いますが、基本的にはこういう形になります。

 

 そこで、Aセンターからの電話があった時に、「実は複数のセンターで検討している」と伝えましょう。

 

 そうするとどうなるか?

 

 地域や時期にもよりますが、各センターのエースクラスの家庭教師が体験授業にやってきます。

 

 

 なぜなら、確実にその契約を取りたいからです。

 

 現在、子供の数は減っています。

 

 そこで、各センターともに少ない案件でも確実に契約を取りたいという思惑があります。

 

 なので、取るのが難しそうな案件には契約が取れる確率の高いエースを投入することが多いです。

 

 我々はこれを「コンペ」と呼んでいます。

 

 でも、折角来てもらったのに断るのはちょっと…

 

 などと考える必要は全くないです。

 

 なぜなら我々はプロだからです

 

 

 私から言わせれば学生だろうが社会人だろうがお金をもらっている限りはプロであるべきです。

 

 だから、もっともいい授業をしたプロが仕事を取って行くのは当然であると考えています。

 

 むしろ、競争をすることで自分の技術を上げていける場だと私などは積極的に考えています。

 

 なので、気兼ねなくセンターに意向を伝えましょう。

 

 実際問題、センター側もミスマッチを出来るだけ防ぎたいという思いがあるので「コンペ」は問題ないです。

 

 実力のある業者だけが残る。そのことに何か問題があるでしょうか?

 

 私はこの業界に10年以上いますが、インチキくさい不誠実な業者が存在しているのも事実です。

 

 消費者の無知に付け込んで違法すれすれの契約を結ばせる。

 

 そういう業者はどんどん淘汰されていくべきだという考えを持っています。

 

 正々堂々と勝負ができる業者だけが残る、それは業界そのものが発展していくために必要なことです。

 

 なので、ご家庭側が気になさる問題ではないと思います。

 

 ちゃんとした教師に当たれば、このような結果は頻繁に出ます。

 

 

before after

 

数学6点だった子が

 

三か月後には52点を取れるようになりました!!

 

*ご家庭と本人の許可を取って掲載しています。

 

 これぐらいの結果は、腕のある家庭教師なら当然のように出している結果です。

 

 ただ、誰にでもこのレベルの結果が出せると言う訳ではありません。

 

 お子様の将来の為にも、しっかりと家庭教師を選びましょう!!

 

 

 

 

しつこい勧誘(あれば)をいとも簡単に避けることが出来る

 

 

 恐らく、無料体験授業を渋ってしまう最大の理由はここにあると思われます。

 

 確かに、無料体験後にしつこい勧誘をするセンターは存在します。

 

 というより、大体のセンターがすると思ってよいでしょう。

 

 ですが、

 

 「他のセンターに決めました」

 

 の一言でいとも簡単に断れます。

 

 

 これも事前に「幾つかのセンターで体験します」と伝えておけば、それ以後の勧誘はありません。

 

 なぜなら、労力の無駄だからです。

 

 しつこい勧誘は、契約できる見込みのあるご家庭にのみ行います。

 

 なので、一社だけの体験を申し込んだとしたら、しつこい勧誘を避けることは出来ないと思った方がいいでしょう。

 

 でも、最初のひと手間で後の面倒を避けられるのです。

 

 なにより、目的は勧誘を避けることではなく、お子さんの成績をしっかりと上げてくれる家庭教師の選抜です

 

 

 翻って言えば、お子様の一生に関わる問題です。

 

 保護者様が手間をかけたらかけただけ子供は伸びます。

 

 簡単にすむそのひと手間を惜しんではいけないと、プロの家庭教師として活動している私は思います。

 

 

 

 

実際にどこの家庭教師センターに無料体験授業を受ければいい?

 

 「勉強の出来ない子専門」とうたっているセンターの多くが、教材販売会社です。

 

 このようなニュースもあります。

 

 *朝日新聞より転載

 

 

東京地検特捜部は30日、川渕商事などグループ3社の社長を務める川渕孝行容疑者を法人税法違反(脱税)の罪で起訴した。
川渕社長は98から00年、3社の所得計約3億円を隠し、法人税約9700万円を免れた、とされる。
家庭教師を派遣する別会社「あすなろ」(名古屋市)を通じ、家庭教師の派遣先に教材を売るなどしており、不正所得を事業拡大や接待などに費やしていたという。(5/1 朝日新聞)

 

 無知や弱みに付け込んで違法な商売を行う人間達もいるということは肝に銘じておきましょう。

 

 個人的には実に許せないことです。

 

 もっとも、当ホームページは誹謗・中傷が目的ではないので、お勧めできない家庭教師センターは載せていません。

 

 どれくらいの数の体験を受ければいいかですが、以下に挙げたようなセンターなら何社かも体験を受ければご満足のいく家庭教師に巡り合えると思われます。

 

 本当にお勧めのセンターだけを厳選したため、とても数が少なくなってしまいました。

 

 お勧めのセンターを見つけ次第、記載を増やしていこうと思います。

 

 

 

 

  

家庭教師のノーバス

 

 

 子供と教師の相性を第一に考える家庭教師センター

 

 学生・プロともに豊富な人材がそろっており、まっさきに候補にすべきセンターの一つ

 

 欠点は登録者数の豊富さ故に当たり外れが大きい所です。

 

 しっかりと無料体験授業を受けて教師の良しあしを見極めましょう!!

 

 *一都三県+栃木

 

 

 ⇒無料体験授業好評受付中!

 

 

 

 

 インターネット家庭教師サービスも行っています。

 

 

 

 

インターネット家庭教師Netty

 

 

 

 

 

 

家庭教師のジャンプ

 

 

 偏差値45以下の生徒の家庭教師をうたう家庭教師センター

 

 正社員プロ家庭教師を中心に展開をしているためか、質はかなり高いと業界内でも評判

 

 外れ率の低さは圧倒的ですが、問題は料金の高さにあると思います。

 

*一都三県+北関東三県+静岡

 

 

 ⇒家庭教師のジャンプでの無料体験授業はこちら

 

 

 

 

 

 

 

家庭教師のLNS

 

 

 事務員の対応が素晴らしいとプロ家庭教師からの評判が最もよいセンター。

 

 自然と質の高い家庭教師が集まっているように思います。

 

 総合的にお勧めのセンターの一つです。

 

 

 *全国に派遣対応

 

 

 家庭教師の【LNS】

 

 

 

 

家庭教師のダルマ

 

 心を育てるEQ指導を掲げている家庭教師センターです。

 

 知名度はあまりないですが、質の高さでは業界内部でも評判のセンターです。

 

 *一都三県対応

 

 

家庭教師のダルマ

 

 

 

学研の家庭教師

 

 

 ノーバス以上に規模が大きく、ノーバス以上に当たり外れが多いです。

 

 規模の大きさゆえか、センターのサポートが十分でないように思われるケースがあるようです。

 

 ただ、対応できる地域の広さと、学研というネームバリューは大きいですね。

 

 

 

学研の家庭教師・全国対応可能

 

 

 

 

家庭教師のヒーロー

 

 こちらは北海道を中心としたセンターですね。

 

 無料体験も出来ます。

 

 

 

家庭教師のヒーロー

 

 

 

 また、優秀な家庭教師は個人でやっている方が多いです。

 

 そういった方たちのブログを読んで直接コンタクトを取るのもよいでしょう。

 

 日本ブログ村などで探せば、現役の家庭教師のブログを読むことができます。

 

 センターに頼むよりも安価にすむことがある為、とてもお勧めです。

 


このエントリーをはてなブックマークに追加  

スポンサードリンク

関連ページ

その勉強方法あってますか?
大切なお子さんの成績が下がってしまった、成績がなかなか上がらないそんな悩みをお持ちの保護者様へ現役のプロ家庭教師がアドバイスさせていたきたいと思います。
子供の学費が足りない・払えない場合どうする?
高校、大学に進むにつれて学費が増大していくのが日本の教育システムとなっています。今回はどのように学費を捻出する方法があるのかを解説していきたいと思います。
 
トップページ 家庭教師の通信簿 お勧めの通信教育 簡単なプロフィール お問い合わせ 管理人の新サイト