通信制高校とサポート校の違いは?

スポンサードリンク

通信制高校とサポート校の違いは?

通信制高校について調べていると、「通信制高校」と「サポート校」という言葉にぶつかると思います。

 

今回はこの2つの用語についてみていきましょう。

 

通信制高校とサポート校の違い

 

通信制高校は「学校」なので「高校卒業」の資格を取得できるが「サポート校」ではできない。

 

最も大きな違いはこの点です。通信制高校は学校教育法という法律で定められた「高等学校」ですので、卒業をすれば「高校卒業」の資格が得られます。

 

対して通信制サポート校は「高等学校」と認められている訳ではないので、単独では「高校卒業」の資格を得ることはできません。

 

似たような概念に見えますが、実は大きな違いがあるのです。

 

イメージとしては、通信制高校はそのまま「高等学校」であるのに対してサポート校は駿台予備校などに代表されるような予備校と言えばわかりやすいでしょうか。

 

サポート校は通信制高校と同じ経営母体でセットになっていることも多く、通信制高校の学費が内包されている場合もあります。

 

通信制高校は文字通り高校なのですが、授業はほとんどない所もあり、レポート、スクーリング、テストなどを通じて単位を取得していきます。基本的には自宅学習が中心となるため、なかなかペースがつかめないケースも目立ちます。なかなか家で一人でしっかりとレポートや課題をこなすというのは難しいものがあり、完全に放棄してしまい、もう1度同じ学年を繰り返すという例も少なくはありません。

 

通信制サポート校は何のために存在しているの?

 

文字通り、通信制高校卒業をサポートするために存在していると言えます。

 

通信制高校単体における卒業率は通常20%から高くても40%に満たないと言われており、実質的にはサポート校の力が必要な場合がほとんどだという統計結果になっています。

 

中々厳しい結果だと言えますが、これは通信制高校の過程のみを履修した結果ですので、サポート校の支援を受けることによりその数字は大きく上昇します。

 

特に中学や高校などでいじめや不登校を経験している生徒さんの場合は、学校に通うという行動の継続が難しい場合があります。そういった方のため、または保護者の方のためのカウンセラーなどが常駐しているサポート校も存在しており、文字通り手厚いサポートが受けられるのは大きいと言えます。

 

基本的にメリットの多い通信制サポート校ですが、その分費用はかかってしまう点はデメリットと言えるでしょう。

 

どの通信制高校・サポート校がいいの?

 

この質問に関しては明白な答えはありません。
同じ学校でも当然地域などによって違いますし、本人と合う合わないという問題があります。

 

まずは資料を請求し、次に良いと思った学校の説明会に参加するようにしましょう。

 

 

参考外部リンク:ズバット通信制高校比較

このエントリーをはてなブックマークに追加  

オンライン授業始めました!

スポンサードリンク

関連ページ

KTC中央高等学校の評判・口コミをプロがまとめる!!
KTC中央高等学校の評判・口コミをプロの家庭教師がまとめます!!
プロがまとめる!NHK学園高等学校の評判・口コミ
NHK学園高等学校の評判・口コミについて解説を交えながらご紹介させていただきます。
第一学院高等学校の評判・口コミ、学費をプロがまとめる!
第一学院高等学校の評判・口コミ、学費をプロの家庭教師がまとめます!
プロがまとめる!ルネサンス高等学校の評判・口コミ!
ルネサンス高等学校の評判をプロの家庭教師がまとめます!
 
トップページ 家庭教師の通信簿 お勧めの通信教育 簡単なプロフィール お問い合わせ 管理人の新サイト