志望校は諦めなさいと言われたら

スポンサードリンク

中学受験志望校に絶対合格したい!!

 

 

 目標に向かって頑張る子を応援したい。

 

 我々教育陣はいつもそう思っています。

 

 志望校に合格する為には、適切な勉強法もしくは適切な教育機関の選定が非常に重要になってきます。

 

 現在成績が下がってしまっている、もしくは伸び悩んでいる場合、お子様と教育機関のミスマッチが起こっている可能性が非常に高いです。

 

 お子様がどういうタイプの子かをしっかり把握し、適切な教育機関を選定しましょう。

 

 

 主な教育機関として、

 

 

 

 

 

 

通信教育

 

 

家庭教師

 

 

独学

 

 

 

 という4つの選択肢があります。

 

 これらのうちいづれか、もしくは複合的に選ぶことが合格への道筋を選ぶことでもあります。

 

 それぞれ見ていきましょう。

 

 

 

塾に通う

 

 

 中学受験の膨大な分野を効率よく体系的にインプットし、的確にアウトプットする為に、

 

 塾へ通うことは必須とも言えます。

 

 その際、お子様にその塾があっているかを見極める必要があります。

 

 

 

各中学受験塾の特色はこちら

 

 

 また、塾に通っているのに成績が下がってしまっている、または成績が伸び悩んでいる場合、どこかで躓いてしまっている可能性があります。

 

 躓きは放っておくと見過ごされたままになってしまい、更に先の分野での躓きが予想されます。

 

 受験知識のある人間が見ればわかる躓きですが、小学生がそれを自力で発見するのは難しいです。

 

 中学受験に詳しいプロの意見を求めるという意味もこめて、家庭教師をつけることをお勧めします。

 

 

中学受験お勧めの家庭教師はこちら

 

 

 

 

通信教育を受ける

 

 

 進研ゼミとZ会の二択になるかと思われます。

 

 通信教育のメリットとして

 

 

 

費用が安い

 

 

子供の負担が少ない

 

 

ペースが速すぎない

 

 

 

 

 という3つの利点が挙げられます。

 

 塾に通うと費用は勿論、かなりの時間塾で勉強していることになります。

 

 中には部活や習い事を頑張りたい子もいると思います。

 

 そんな子には通信教育が向いています。

 

 

 ただ、通信教育のデメリットとして

 

 

 

モチベーションの維持が難しい

 

 

 

 と言った点が挙げられます。

 

 

 塾に行けば友達やライバルがいますし、専門家もいます。

 

 家庭教師ならば適切なアドバイスがもらえます。

 

 通信講座にはそう言った存在がいません。

 

 そのため、お子様のモチベーションがどの程度保てるのかは未知数です。

 

 なので、自分もしくはご家庭でモチベーションを保てる場合には通信教育は最高の選択肢になると思います。

 

 事実、家庭教師と通信教育の併用で難関校を突破した生徒はいます。

 

 ただ、そういう子は本当に稀だと思います。

 

 100人いたら2,3人と言った所でしょうか。

 

 

 

進研ゼミ中学受験講座

icon

 

 

 

Z会

 

 

 

家庭教師をつける

 

 

 費用はかかりますが、効果は抜群です。

 

 塾に通っていて効果がでない、通信教育だけではモチベーションの維持は難しいと言った場合に有効です。

 

 また、志望校まであと一歩ブレイクスルーが必要な場合も効果的です。

 

 どこを伸ばせば成績が上がるかを一番よく知っているのがプロの家庭教師だからです。

 

 ⇒中学受験にお勧めの家庭教師はこちら

 

 

 

 

独学

 

 

 驚くべきことに、完全に独学で中学入試を突破する子もいます。

 

 本当に数は少ないですが。

 

 理論的には独学でも中学入試を突破することは可能です。

 

 ただ、完全に独学で中学受験を突破できる子は1000人に1人いるかいないかであると思われます。

 

 独学で中学受験を突破する方法は、またいつか詳しく記載したいと思いますが、素直に塾・通信教育・家庭教師をつけることをお勧めします。

このエントリーをはてなブックマークに追加  

オンライン授業始めました!

スポンサードリンク

 
トップページ 家庭教師の通信簿 お勧めの通信教育 簡単なプロフィール お問い合わせ 管理人の新サイト